「他人まかせ」や「無関心」、「問題の先送り」が、マンションの存続を危うくする…

あなたのマンションは大丈夫ですか?

あなたのマンションは大丈夫ですか? イメージ
あなたのマンションは大丈夫ですか? イメージ

マンションを取り巻く環境

空き部屋が多くなり、スラム化するマンション

35年後には、日本の総人口が3500万人消滅する(カナダの総人口に匹敵)と推計される深刻な人口減少社会。
このような状況下で、60歳以上の世帯主がすでに60%弱を占めたといわれるマンションでは、突然死や孤独死、外部所有者の生死不明や相続放棄等の多発によって、今後加速度的に空き部屋が増加してい<ことが予想されます。
2030年に到達する「空き家率30%」という推計は、眼前に迫った「マンション存続の危機」に対する警鐘と云っても過言ではないのです。

総住宅数・空き家数・空き家率の実績と予測結果 表
総住宅数・空き家数・空き家率の実績と予測結果 表

マンションの老朽化と滞納

マンションの老朽化と管理費等の滞納増は、完全に一致します。さらにマンションの老朽化に伴う滞納は複雑(生死不明や相続放棄等)で、管理組合に多大なコストと時間を強いるばかりか、時として先の見えない負のスパイラルさえ生じさせます。
滞納はマンションの経済的な体力を奪い、資産価値を下落させる最大の病原菌の一つなのです。

マンションの築年数別の滞納状況・表
マンションの築年数別の滞納状況・表

運命共同体の崩壊

改めて申し上げるまでもなく、マンションはそこに住む区分所有者によって構成された「運命共同体」です。
ところが、良好な運営が行われているのは少数派。共同体の多くには「他人まかせ」や「無関心」が横行しているのではないでしょうか?
しかし、「人任せ」や「無関心」の集合体にこれからの多難な時代を生き抜く力はなく、健全な自治意識を持たなければ、
やがては「マンションの瓦解」を招くことになるのです。

組合運営における将来への不安 表
組合運営における将来への不安 表

世界史に例のない急激な人口減少時代を生き抜くために…
滞納問題は先送りのできない難題です!

高齢化と老朽化が進むマンション、
空き部屋が多くなりスラム化するマンション

これからは、管理組合の財政の健全化が、
あなたのマンションを守る最大の生命線です。

当部は、滞納者に対する金融アドバイス等の医者的役割を果たしながら、管理組合の財政を蝕む滞納管理費等の完全撃退はもちろんのこと!
長期滞納が生まれにくい仕組み作りと、その対応をご支援します。

実績イメージ

法務部の沿革

他社に類のない独自のノウハウで管理組合の財政を健全化したい!

「お金のないマンションは生き残れない。よって、他社に類のないノウハウをご提供して、管理組合の財政健全化に貢献したい」。これが、11年前の当部発足の基本的なコンセプトです。人口減少と高齢化の中で、これまで以上に長期滞納のリスクが急増する現在、この考え方とこれまでの実績は、ご支援申し上げた多くの管理組合の皆様から感謝と共感を頂いております。

法務部の方針

ムダなコストを排し、コミュニティの平穏に配慮しながら管理組合と滞納者双方
に寄り添った解決を目指します!

滞納と言っても、滞納者と滞納の中身は実に多種多様です。当部は如何なる案件に対しても、滞納者と正面から向き合い、医者的役割を果たしながら滞納者と管理組合双方に寄り添った解決をご支援します。
現在に至るまで多種多様の滞納案件を数多くご支援しながら、トラブルゼロはその証です。

法務部のお約束

当部は支援を表明したら、「根本的解決に至る」まで、必ずご支援致します!

管理組合が「滞納を根本的に解決し、これからも健全なマンションであり続けたい。」と決意されれば、当社は契約外のご支援によって、「滞納の根本的解決」と「長期滞納が生まれにくい仕組み作り」をご支援します!
改めて申し上げるまでもなく、滞納問題の先送りや無関心は、管理組合、滞納者双方にとって不幸なことなのです。

当社の取り組み

根本的解決に至るまで支援!

当社支援 イメージ
当社支援 イメージ
当社支援の基本的なケース フロー図
当社支援の基本的なケース フロー図

改めて…最後に。
当部のご支援は課題を選びません!

当部のご支援は、金融ノウハウと解決能力に秀でたスタッフと、当社の志である「逆境の時代に置かれたマンションの未来を切り開きたい!」に共鳴した一級の顧問弁護士との強い絆によるものです。
お互いの役割を分担しながら、戦略的、挑戦的な手法を駆使して、外国人問題を含む様々な法律上の課題にも意欲的に挑戦していきます。

平松弁護士 写真

平松弁護士

管理組合を一つの体に喩えるならば、管理費等滞納は体の中に発生した一つの病原体です。放置しておくと様々な病気を発症し、最終的には体全部の機能に支障を来します。
管理組合としては、本来、病気の原因をなくしておく必要があります。そのためには、普段から体をメンテナンス(予防)し、場合によっては適切な治療(解決)が必要です。
現在、管理組合によっては、構成員の多様化や高齢化を避けることができず、様々な問題に直面しています。今後、治療法も確立していない未知の問題に遭遇するところもあるしょう。
マンション管理業に携わる専門家は、未知の問題に対応できる能力が必要です。法的問題を解決(治療)すること、これが私の使命です。

塙弁護士 写真

「管理費等の収納・会計業務」の支援は大抵の管理会社が行っています。しかし残念ながら、大抵の管理会社は肝心の「管理費の滞納問題」には手を出しにくい。ここはノウハウが必要だからです。
では「今の管理会社はやってくれないから仕方ない」、と指をくわえていていいのでしょうか。住人の高年齢化とともに、マンションは築年数も経ち、年々管理も難しくなります。ですから、いつか何とかなると目をつむると、管理上のモラルハザードが起き、マンションの資産価値は近い将来0になるのです。
この構造的な問題を根本的に解決したい。我々は、仕事柄、滞納問題の最後の場面を担うため、いつもそう考えています。しかし千里の道も一歩から。まずは改善の一歩を踏み出しましょう。

山口行政書士 写真

私はマンションに関わる仕事に30年間携わっていますが、昨今は高齢化や人口減少等の世相を反映した滞納問題が多発しています。
その中で、最近ご依頼が多いのは区分所有者の死亡に伴う法定相続人調査ですが、驚くべきは、その調査後にたどり着く相続放棄の多さです。
この国がまだ元気だった頃、「マンションは揺るぎない資産」でした。
しかし、「親の持つマンション」が、もはや次世代に取って「不要なもの」になり始めた証なのだと思います。
滞納に限らず、マンションの抱える問題は多種多様です。こういった問題を解決する為には、早期の問題提起や、その為の合意形成が何より大切。
私も微力ながら、「逆境の時代を生き続けられるマンションの為に、お役に立ちたい。」と思っています。

マンションは他人のリスクを将来にわたって背負う「運命共同体」です。
世界史に例のない急激な人口減少時代を生き抜くためのご提案。

「持ち回り」で運営する…
あなたのマンションは、「問題の先送り」をしていませんか!?

「問題の先送り」や「無関心」は、やがてマンションの「共同体」に事態の深刻さを生み、最終的にはマンション内に大きな亀裂を生みかねません。
マンションから抜け出す人、身の丈以上のローンを抱えて抜け出せない人、身勝手な主張をして、マンションに居座り続ける人。
それは住む人の「問題の先送り」や「無関心」によるコミュニケーション不足が生み出す、『運命共同体の崩壊の始まり』です。

写真

滞納問題は、「先送り」できない難題です。

ご存知でしたか?マンションの財政を脅かす滞納管理費等の時効は5年です。これは銀行ローン等の時効の半分の期間。素人集団の管理組合に対して、国の定めた法律はあまりに厳しいと思いませんか!?
すでに巷には、様々な人生模様に起因した深刻な滞納や、住人の高齢化とマンションの老朽化に起因した相続放棄や所有者不明の滞納等が多発し始めています。しかし、これらの「静かなる有事」が既にマンションの足元を脅かしているにもかかわらず、多くの管理組合は事の重大さに気づいていません。仮に気づいていたとしても、漫然と「問題の先送り」をしているのではないでしょうか?
「無関心」や「他人まかせ」や「問題の先送り」は事態を深刻化させ、いずれ住人に多大なコスト負担を強いることになります。さらに手遅れになれば、負担したそのコストは「捨て銭」になるだけでなく、回収不能にもなりかねません。滞納は「先送り」できない、マンションの最大の危機の一つなのです。

「自治意識を持ちましょう!」当部は「管理組合」と「不幸にも滞納した方」をつなぎ、信頼の絆を以て、完全解決を行います。

数多くの同業他社の中で、「回収はもちろん、長期滞納を生まない仕組み作りまでご支援出来るのは当部だけ!」と自負しております。
当然のことながら、当社の支援は「健全な運営を目指す管理組合」と当部との信頼の絆があってこそ成り立つもの。そして、当部はこれからも管理組合の皆様からその信頼を頂く自信があります。何故なら、これまでご支援した数多くの管理組合の皆様から感謝を頂いておりますし、時として不幸にも滞納したお客様からも、当部の専門的なアドバイスに感謝を頂いているからです。

改めて…最後に。
当部の支援は、債権を選びません!

当部の支援は解決能力に秀でた現場に強いスタッフと、当部の<マンションの健全化に向けた施策>に共鳴した一級の弁護士との強い絆によるタッグです。時に戦略的、挑戦的な手法を駆使して、どのような債権でも完全解決に導くことをお約束します。

当社の11年の歩み 表
当社の11年の歩み 表
支援した445組合の内、劣化した上位10組合の健全化への歩み 表
支援した445組合の内、劣化した上位10組合の健全化への歩み 表

マンションの未来に不安があるお客様、組合様

営業時間 平日 9:00 - 17:30

マンション管理のご相談・お見積はこちら

タップしたら電話がかかります。