小さなコミュニティー

2017.01.16

理事会が始まる前であったり後であったり、役員の皆さんの雑談の場に同席させていただくことがよくあります。

 

マンションのこと以外では、野球や最近のニュースの話題が圧倒的に多いのですが、しばしば地域の行事や歴史、お子様の通われる学校などのお話しになることもあります。

皆さんそれぞれ、おそらく年齢だけではなく家族構成や生活スタイル、お仕事の分野や関心ある対象も異なるのでしょうが、笑みを絶やすことなく時間を忘れてしばらく歓談されます。

 

私の生まれ育った町には長くて小さな商店街がありました。

魚屋さんや八百屋さん、お菓子屋さんやお肉屋さん、代々受け継がれてきたお店がならび、母は毎日のように小さな私は連れては店先を巡っていました。

 

訪れる目的は買い物なのに、いつも挨拶から始まり、地域や学校の話など多くは世間話に費やしていたように思います。

なかでも私のお気に入りの小さな本屋さんは私の顔を見ると名前を呼んでくれて、いつも私が読んでいたマンガ雑誌を手渡してくれたものです。

 

先日、久しぶりに生まれ育った町を訪れると、大きなスーパーが賑わいを見せ、あの商店街は寂れて人通りもなく、シャッターが閉まったままの店舗が寂しそうに立ち並んでいました。あの小さな本屋さんはどこにも見つかりません。

失われたものは見知った商店だけでしょうか?

 

マンションでの役員の皆さんの雑談は、場合によっては夏祭りや防災訓練の計画に結実し、居住者の皆さんを巻き込んでいきます。

私たちが失ってしまった「なにか」は、そうした小さなコミュニティーが育まれていくなかで取り戻せるような気がします。

小さなコミュニティー

管理会社をお探しのお客様、新規のお客様へ

管理のご相談・お見積はこちら

営業時間 平日9:00 - 18:00

タップしたら電話がかかります。
首都圏

0120-099-531

首都圏

0120-099-531

中京圏

0120-448-758

中京圏

0120-448-758

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811