ワン・フォー・オール

2015.10.16

かつてニュージーランドへ旅行したときに本場のラグビーを観戦しました。
それは当時世界ランキング首位を守るオールブラックス(ニュージーランド代表)と世界ランキング2位のスプリングボクス(南アフリカ代表)の戦いでした。
私たちの世代は大学ラグビーが中心の年まわりなので、世界のラグビーがどのようなものか知らずに観戦したのですが、その迫力に圧倒されました。
それはボールスポーツ(球技)というよりもまさに格闘技。
巨大に鍛えられ肉体がぶつかりあい、骨と骨とが“ゴッ”と衝突しあうような迫力です。
ちょうど今、イングランドで開催されているラグビーのワールドカップで日本代表が奇跡の3勝をあげ、南アフリカに逆転勝ちをするという、大どんでん返しを演出した直後なので、そのときの思い出がよみがえりました。
さて、ラグビーでよく使われる「ワン・フォー・オール」という言葉がありますが、ふとこの言葉がマンションの管理にも関係しているような気がしました。
「1人の力をみんなのために」。
管理組合の役員さんの献身的なご活躍を聞き及ぶと「ワン・フォー・オール」という言葉が重なります。
決して損得で務めるわけではなく、必ずしも全ての住民に感謝されるわけでもないのに役員を務める姿勢。特に大規模なマンションの役員さんは、山のような書類を毎月確認して捺印する、書類の数も多く激務です。
時には会議の席で激論になって、最後は多数決になる場合もありますが、意見の食い違いを穏便に調整することも役員さんの務めです。
決議で採決されれば「ノーサイド」。決まったことには従う義務が生じます。
同じ屋根の下で過ごす住民同士、お互いが気持ちよくすごすためには「ワン・フォー・オール」の精神が必要なのかもしれませんね。
20151015100829868

管理会社をお探しのお客様、新規のお客様へ

管理のご相談・お見積はこちら

営業時間 平日9:00 - 18:00

タップしたら電話がかかります。
首都圏

0120-099-531

首都圏

0120-099-531

中京圏

0120-448-758

中京圏

0120-448-758

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811