個人情報保護への取組み

2017.05.01

2005年4月に「個人情報保護法」が全面施行され、多くのお客様情報を取扱う当社は、管理会社の中ではいち早くプライバシーマークを取得し、個人情報保護に努めて参りました。

本年、5月30日に同法が改正されることで、従前個人情報保護法の対象外であったマンション管理組合も新たに法律の対象なります。

 

当社ではプライバシーマーク制度で厳しく定められた個人情報保護のルールを徹底して遂行しているほか、専門の社内委員会で毎月議論を行い保護の仕組強化に努めています。

しかしながら、重大な事故に発展したかもしれない危険な出来事に遭遇してひやりとしたり、はっとしたりすること、いわゆる「ヒヤリ・ハット」が起こる可能性はゼロにはなりません。

ヒヤリ・ハットは誰にでも起こりえるヒューマンエラーで、何気ない日常的な行動の中にも危険がいくつも潜んでいます。

 

事故の発生を未然に防ぐためには、多くのヒヤリ・ハットの事例を収集・分析し、再発を防ぐ手立てを考え、その情報を共有することが重要とされています。

当社では、社内で発生したヒヤリ・ハットの事例や外部の実際の事故事例等について、なぜそれが発生したのかの要因分析を行い、部門会議や研修会で社員・管理員へ定期的に通知することで一人ひとりの当事者意識を養っています。

 

自分たちだけは大丈夫と過信せず未然防止のための知識を蓄積し、当社ではこれからも個人情報保護を徹底してまいります。

個人情報保護

管理会社をお探しのお客様、新規のお客様へ

管理のご相談・お見積はこちら

営業時間 平日9:00 - 18:00

タップしたら電話がかかります。
首都圏

0120-099-531

首都圏

0120-099-531

中京圏

0120-448-758

中京圏

0120-448-758

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811