マンション管理会社のライフポート西洋 ハートふるコラム 日本の「おもてなし文化」は輸出できるか

日本の「おもてなし文化」は輸出できるか

2018.07.16

当社が加盟する一般社団法人マンション管理業協会では、これからのマンション管理業の将来を担う若手社員を対象として、2014年度より海外のマンション管理の視察および研修を実施しております。

 

この視察・研修の目的は、「マンション管理に関するグローバルな見識を高め、日本型マンション管理の未来について研究する機会」です。

海外での視察経験をすぐ日本での実務に反映させることは難しくても、今までにない角度からマンション管理を見つめ直すことが出来ると思います。

当社も当協会の趣旨に賛同し、毎年社員が視察研修へ参加しております。

 

訪問先は、人口が増え続け経済発展の著しいアジア諸国です。

本年の訪問先は中国(大連)で、視察先として日系企業および現地法人が管理するマンションが予定されています。

 

日本は少子高齢化を迎えるなか、過去30年間のような新築住宅(マンション)の大量供給は終焉しており、マンション管理業界も日本でのマンション管理の品質を高めつつ、海外へ進出する時代が来るのではと思います。

 

すでに大手不動産会社を中心にアジア地域において共同住宅の開発(ハード)が始まっており、その先には管理サービス(ソフト)の進出が続き、日本に訪れた海外旅行者が賞賛する「日本のおもてなし文化」の輸出となるのではと期待しています。

 

当社グループもアジア地域におけるソフトの進出について準備段階であり、中国・ベトナム・フィリピン・ミャンマー等のアジア各国で事業展開を進めております。

 

過去には日本製造業が世界を席巻したように、将来は日本のサービス産業(マンション管理業)が「JAPANブランド」で世界を席巻出来たらと考えています。

 

海外進出

管理会社をお探しのお客様、新規のお客様へ

管理のご相談・お見積はこちら

営業時間 平日9:00 - 18:00

タップしたら電話がかかります。
首都圏

0120-099-531

首都圏

0120-099-531

中京圏

0120-448-758

中京圏

0120-448-758

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811