インフルエンザにご注意

2019.02.16

本年はインフルエンザが例年にも増して大流行し、1週間当たりの推定患者数が過去最多になりました。

 

厚生労働省が2月1日午前に発表した報告によると、1月21~27日の1週間に報告されたインフルエンザ患者は1医療機関当たり57.09人(定点当たり報告数)を記録し、統計が始まった1999年以降最多となりました。

また、ウイルスのタイプは99%がA型で、年齢別では5~9歳が最も多かったとのことです。

 

その後の2月3日までの1週間に受診した患者数は、43.24人と前の週の57.09人から減少しており、流行はピークアウトした模様ですがまだまだ油断はできません。

依然として全国的に警報レベルは超えておりますので、インフルエンザの感染対策をご紹介します。

 

① 流行前(12月頃)にインフルエンザワクチンを接種

② 外出後の手洗い

③ 外出後のうがい

④ 不織布マスクをする

⑤ 適度な室温の保持

⑥ 十分な休養とバランスのとれた栄養摂取

⑦ 人混みや繁華街への外出を控える

 

流行前のワクチン接種はすでに時期を過ぎてしまいましたが、手洗いやうがいなど今からできる対策でも効果は期待できます。

例年、インフルエンザの流行は4月上旬ごろまで続きますので引き続き充分にお気をつけください。

 

管理会社をお探しのお客様、新規のお客様へ

管理のご相談・お見積はこちら

営業時間 平日9:00 - 18:00

タップしたら電話がかかります。
首都圏

0120-099-531

首都圏

0120-099-531

中京圏

0120-448-758

中京圏

0120-448-758

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811