「電話の進化」

2018.11.16

先日、昭和時代のTVドラマの再放送を見ていた中で、“黒電話”を取り次ぐシーンがあり、「そういえば電話はずいぶん進化したな」と懐かしく、子供時代を思い出しました。

昔の電話は保留ボタンが無いため、取り次ぐときは受話器を置くフック(受話器を置くとオルゴールが流れる)を使用していました。

 

電話はその後、プッシュホン⇒留守番電話付⇒コードレス⇒FAX兼用、と色々な機能が付加され進化しました。

さらには自宅や職場などに置く固定電話から、個人が携帯するものへ進化し、今では「一人一台スマートフォン」の時代です。

公衆電話もずいぶん少なくなりました。

 

当社で管理しているマンションの竣工された年代も「黒電話時代」「プッシュホン時代」「ガラケー時代」「スマホ時代」と様々です。

マンション設備も電話と同様で様々な進化を遂げています。

 

今やマンションに防犯カメラが設置されているのは普通になりましたが、20数年前は高級マンションだけでした。

当時は複数の白黒カメラ映像をビデオテープで録画していたため、再生すると数秒ごとのコマ飛ばし映像となり、現在の防犯カメラ映像と比べると雲泥の差があります。

もちろん男女の区別程度はつきますが、年齢などは判断できないものでした。

現在ではAIで顔認証ができる精度のカメラもあります。

 

また、法令(建築基準法・消防法など)が改正され、マンション内の様々な設備が「既存不適格」とされるケースも多くなっています。

当社では、「最新設備への更新情報(防犯関連・宅配ボックス・インターホン・LED照明・4K放送対応など)」や「法改正情報」を迅速に管理組合にお届けし、マンションの資産価値が低下しないようお手伝いをさせていただいています。

マンション設備などでお困りの際は、是非当社までご相談ください。

 

電話の進化

管理会社をお探しのお客様、新規のお客様へ

管理のご相談・お見積はこちら

営業時間 平日9:00 - 18:00

タップしたら電話がかかります。
首都圏

0120-099-531

首都圏

0120-099-531

中京圏

0120-448-758

中京圏

0120-448-758

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811