スーパーのレジで教わること

2015.11.16

先日スーパーに行った時のことです。
実りの秋ということで豊富な種類のフルーツが売られています。
梨にリンゴ、ブドウに柿、ミカン等々、それぞれ多くの品種が並んでいます。
たまたま柿に目が行き、富有柿の横に並んでいるおけさ柿3個を選び、ビニール袋に入れ、他の商品もかごに入れてレジ向かいます。
レジでは中年の女性店員さんがピッピッとリズミカルに商品を通していきます。
ここでビニール袋に入った柿が手に取られます。
柿にはバーコードも値札も無いにも関わらず、店員さんは「おけさ柿3個ですね」とビニール越しの柿を見て品種を言い当てました。
思わず「見ただけでよく柿の種類が分かりますね、凄い」と話しかけてしまいました。
「凄いでしょ!」と言いながら
「でもたまたまおけさ柿には何も貼っていないけど、バラ売りしているもう一方の富有柿には小さなシールが貼ってあるので誰にでも区別はできる」とタネ明かし。
さらに、「朝のミーティングではこの柿だけではなく、もっと種類が多いリンゴやその他もろもろの区別も含めた注意事項をしっかりメモしているから、お客様に迷惑をかけることはありません」と言いながら、そのメモも見せてくれました。
やはりサービス業、八方に気を配って一分の隙もあってはいけないようです。
良い勉強になりました。
20151112175251838

管理会社をお探しのお客様、新規のお客様へ

管理のご相談・お見積はこちら

営業時間 平日9:00 - 18:00

タップしたら電話がかかります。
首都圏

0120-099-531

首都圏

0120-099-531

中京圏

0120-448-758

中京圏

0120-448-758

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811