隣のマンションのペット

2014.05.01

自宅ベランダは向かいのマンションの小さな陸屋根(平らな屋根)に面しています。
そこにはマンションの部屋の小窓からしか出入りできません。
あるとき、その陸屋根に白いフェレットがいました。
部屋の小窓が少し開いていて、そこから出てきたらしいのです。
部屋の電気は消えていて住人は留守のようです。
屋根をウロウロし、外壁を登ろうとしますが、垂直のタイルの壁は登れません。部屋には戻れないのです。
フェレットは、こちらと視線が合うと、かわいい顔でじっとこちらを見て、マンションとの数メートルの距離を超えてこちらに来ようとします。
身を乗り出して陸屋根から落ちてしまいそうです。
落ちたら4m下はコンクリートの土間です。
マンションに行ってみましたが、部屋番号は判らず、オートロックの中には入れないし、マンションの管理会社の名前も連絡先も書いてありません。
夜になれば部屋の住人が帰ってきて何とかしてくれるだろうと、思っていました。
しかし、翌朝、その屋根には相変わらず、白いフェレットがいました。
部屋の小窓は少し開いたままです。
昨晩、部屋の住人は帰ってこなかったようです。
目が合うとこちらに来ようと屋根から身を乗り出します。
天気予報によると、これから雨になるようです。空も重たく曇っています。
仕方なく、警察に電話をし、フェレットを保護してくれるように頼みました。
ほどなく、近くの交番から二人の警官がやって来ました。
なんとか管理会社の連絡先が判り、連絡をしてもらいましたが、その部屋は賃貸住戸なので連絡先も入居者も判らない、ということでした。
警官は、フェレットが人に危害を加える恐れもないし、マンションの敷地内ということで、これ以上はやりようがない、ということでした。
警官が帰ろうとしたその時、私と目が合ったフェレットはこちらに来たくて身を乗り出し過ぎ、下に落ちてしまったのです。
コンクリートのたたきの上に落ち、バコっと音がしました。
警官はアッと叫び、マンションに飛んでいきました。
フェレットはしばらく動かずにじっとしていましたが、やがてなんともなかったように動きだしました。ホッとしました。
そこに駆けつけて来た警官が到着し、フェレットに手を差し出しました。
フェレットは助けを求めるようにその手に保護されました。
その時、部屋に電気がついて住人が帰ってきたようです。
ペットのフェレットがいないことに気が付いたようで、「どこ?どこ?」と声が聞こえます。
私は大きな声で呼びかけました。
フェレットが屋根に出て、部屋に戻れず、下に落ちたこと。今、警察が保護をしたことを伝えました。
こうしてフェレット騒ぎは終わりましたが、マンションでペットを飼うときは十分に注意したいものです。
ペットは人形とは違って生き物です。
飼い主には生き物を育てているという自覚が必要です。
20140425155522e05

管理会社をお探しのお客様、新規のお客様へ

管理のご相談・お見積はこちら

営業時間 平日9:00 - 18:00

タップしたら電話がかかります。
首都圏

0120-099-531

首都圏

0120-099-531

中京圏

0120-448-758

中京圏

0120-448-758

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811