住宅街の樹

2014.12.16

9月末頃に高い山から始まった紅葉は、12月初旬に都会にも下りてきました。
会社の前の靖国神社や靖国通りは、今、青い空に黄色く色づいたイチョウが映えてきれいです。
夜になるとライトアップされて幻想的な雰囲気に包まれます。
四季を感じるのに植物の果たす役割は多大で、街と人に潤いを感じさせてくれます。
反対に、植物のない街並みは無味乾燥な感じがします。
あるマンションに、とても背の高い木があります。あまりに背が高いので遠くからも見えて、街のランドマークになる程です。
その他にもこのマンションには沢山の植栽があり、それらは秋も深まると赤や黄色に紅葉します。そして初冬に葉を落とします。
先日、そのマンションの管理員さんから、マンションの高い木の落ち葉が原因で、近隣の住宅からクレームが来るのだと聞きました。
高い木は風に乗って遠くまで葉を散らします。
その落ち葉が原因で雨どいが詰まるのだそうです。
管理員さんはマンションの敷地から遠く離れた道路まで掃除をしますが、住宅の雨どいはどうしようもありません。
クレームをなくすには高い木を切ってしまうしかないのでしょうか。
この話しを聞いて、少し残念な気持ちになりました。
高い木は街のシンボル的存在である一方で、住宅街では邪魔な存在なのでしょうか?
20141209164210708

管理会社をお探しのお客様、新規のお客様へ

管理のご相談・お見積はこちら

営業時間 平日9:00 - 18:00

タップしたら電話がかかります。
首都圏

0120-099-531

首都圏

0120-099-531

中京圏

0120-448-758

中京圏

0120-448-758

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811