防災の日

2016.09.01

9月1日といいますと、「防災の日」。

毎年各地で防災訓練などが盛んに実施されている日です。

 

なぜ「防災の日」が9月1日なのかというと、1923年(大正12)のこの日、関東大震災が発生したことに起因しています。

関東大震災の大惨事を忘れないことと教訓として防災意識を高めること、それに加えて台風の被害の多い時期であるということで、1960年(昭和35)に国土庁(現国土交通省)が9月1日を「防災の日」に制定しました。

まだ記憶に新しい東日本大震災が発災した際、当社社員はマンションの被害状況の確認やお客様からのお問合せの対応を行いましたが、公共交通機関の乱れから出社できない社員もおり、全てのマンションの確認を行うのに時間を要しました。

 

その後、この時の震災対応の教訓を活かし、

①地震発生時における社内行動指針の再整備

②社内防災チームの立上げ

③社内連絡網の追加整備として、通信インフラの向上

④移動手段の整備

⑤防災備品・食料等の追加備蓄

等の対策を講じてまいりました。

 

東日本大震災で迅速に対応が出来なかったことを謙虚に受け止め、また大震災が発生した場合には、“管理会社も被災する”という現実を踏まえて、当社でも「防災の日」と東日本大震災発災日の「3月11日」には全社防災訓練を実施いたしております。

防災の日

管理会社をお探しのお客様、新規のお客様へ

管理のご相談・お見積はこちら

営業時間 平日9:00 - 18:00

タップしたら電話がかかります。
首都圏

0120-099-531

首都圏

0120-099-531

中京圏

0120-448-758

中京圏

0120-448-758

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811

近畿・九州圏
近畿
九州圏

0120-945-811